フォト
無料ブログはココログ

« 満を持して。 | トップページ | 願いを込めて。 »

2015年2月 3日 (火)

介護のお話。

おはようございますsun

一旦四時半くらいに目が覚めちゃうのは、どうしてなんだろう…。

加齢?笑


昨日は、祖母のところ行ってきましたrun

年末から入院してまして、年始には一度行ったのですが、お見舞い再度行こうとしたら私が胃腸炎で倒れてしまったので、久しぶりに会いに行けましたscissors

一応?健康になったので、退院出来たのですが、一人じゃとても生活出来ないので施設に入所してまして。

一月に会った時よりだいぶ元気そうでしたが、やっぱり一人じゃ歩けないので、母と二人掛かりで動かしたり、トイレさせる感じでsweat01


痩せたとはいえ、私より重いので一苦労ですcoldsweats01


祖母は


『女優の孫が今日は来るから』


と周囲に言いまくったらしく…


もっと綺麗な格好でくれば良かったと後悔。


ちなみに施設に向かう私の姿↓







超怪しいっsweat01sweat01



もちろん施設内ではサングラスと帽子は取りましたがねcatface



私が北海道物産展で買った一個330円のプリン(高くない!?笑)を三人で食べ、散々話して、かなり楽しそうでしたhappy01

私の祖母は謎に下ネタ女王なんで、昨日もガンガン下ネタ炸裂させてましたsign05bombimpact

頭の方はしっかりしてそうですcoldsweats01



その後、夕食前にトイレに行かせていたら、男性の介護士さんがやってきて「かわりますよー」と言って代わってくれました。

「仕事ですから!大丈夫ですよ!」とは言って下さるものの、何だか頭が下がる思いです。

明らかに介護士の人数が足りていないし、かなりの肉体労働ですし、老人は増えていく一方だし…

現代の介護の現場を目の当たりにして、自分の時はどうなるんだろう…と不安になりました。



食堂へ向かう祖母に別れを告げると


「あら、食堂まで来るでしょ?」


と言って聞かないので、母と少し顔を出すことに。


たくさんのご老人が集まって黙々とご飯を食べる中「おばあちゃん!」と言って近付いたら、
祖母がめちゃくちゃ喜んで隣にいたご婦人Aに
「この子私の孫!」「女優なの!」と私を紹介しました。

話し掛けられたご婦人Aは、明らかに祖母の友達ではなさそうなのですが…
「まぁ!こんなに立派なお孫さんがいたなんて!」と大喜びcoldsweats01

するとそのご婦人Aは
「あら、あちらにも素敵なお孫さんがいらっしゃる!ご姉妹かしら?」
と、母のことを私の姉妹だと思ったみたいで…coldsweats01

私 「いや、あれは母で…」
ご婦人A「あらぁ、お若いからご姉妹かと!二人とも女優やられてるのねぇ」
私 「えっ?あぁ、ははは…。」


このままだと会話が迷走しそうなので、いよいよ帰ろうとすると女優の母が知らないご婦人Bにまた話し掛けられてました。


私が近寄るとそのご婦人Bが突然…


ご婦人B「あんた!私の親戚かい!?」
私 「えっ!?いや…あのsweat01

私が戸惑っていると母が助け舟を出してくれました。

母 「あら、そんなにご親戚に似てました?」


すると考える間もなく


ご婦人B「ううん!全然!!!」



もう母と二人苦笑いというか…coldsweats01


ご婦人Bにはその後

「私、これからどうしたらいい?」

と私も誰かに聞きたいような質問をされまくりました…coldsweats01


寂しくて、親戚が来てくれるのを待ってるのでしょうね。



ご婦人Bの質問攻めから何とか抜け出し、帰ろうとしたら祖母とご婦人Aが私と母の行動に大注目していたので「また、来るからね〜」と手を振ると、二人で一生懸命手を振ってましたhappy01


私は、まだ孫の立場だし、お金の問題とかないし、たまに顔を出すだけで大丈夫ですが…

老老介護とか、W介護とか、本当に色々ありますよね。本当に色々。
テレビとか観てるとドキュメントやってたりして、かなり切実だとは思うものの
「国よ。補償をしっかりしてくれ。」と言っても、その財源を確保するためにまた消費税が上がり、国民に負担がのしかかり、少子化のため子供が少なく介護の現場の人手不足は否めないだろうし…


本当どうなるんでしょう、私たちの頃には。


私もこれからする方、される方の当事者になる可能性は充分にあるわけですし、とは言え今の私にに出来ることは年金を納める事と自分の祖母を見舞うことくらいで…。


なんか最後だけめっちゃ暗いな…crying


ああ!
あと慰問って、必要なんだ!と実感しましたflair


とりあえず、今月あと一回くらい祖母のところに行けたらいいかなぁと思いますhappy01

« 満を持して。 | トップページ | 願いを込めて。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お寺の仕事で、あるおばあちゃんの担当をしてた時に施設へよく行ったけど行くとおばあちゃんはすごくうれしそうで、周りの人達はすごくうらやましそうで。みんなすごく話しかけてきた。
ゆっちのいう光景はすごくわかる。自分もいろんなこと思ったす。
おばあちゃんとはもう向こうとこちらに別れたんだけど。
介護は何かを壊してしまう可能性があるからね…長寿、介護、少子化は難しい問題ですね(´ω`)
まぁ…
おばあちゃん、あなたの孫のファンです。孫も体調に気をつけてね(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402845/58797966

この記事へのトラックバック一覧です: 介護のお話。:

« 満を持して。 | トップページ | 願いを込めて。 »