フォト
無料ブログはココログ

« ラーメン屋の誓い。 | トップページ | 117KOBEぼうさいマスターアワードfeat.COMIN'KOBE15前編 »

2015年2月13日 (金)

エッグ

野田MAP19回公演『エッグ』を観てきましたheart04





私、実は野田MAPの公演を観に行くのが初めてcatface

もちろんこの人と行ってきましたscissors




姉。尾崎亜衣。



再演作品で、主演を妻夫木聡さん、深津絵里さん。

他にも仲村トオルさん、秋山菜津子さん、橋爪功さん、大倉孝二さん、藤井隆さん等、豪華キャストが出演しています!


私の感想は…


面白かった…と言うか、一番最後…もはや観終わった後に感動。

メッセージ性も強く、終演後に最初から芝居を振り返りたくなるというか、考えてしまうような作品でした。

ただ、好みは別れるのかな…と。

色々ありますし、芸術はいくら私が良いって言ってもその人が選ばなかったらそこまでですしね。

今作品はおそらく…何も考えたくないで、ただ楽しく観たい!ってよりも、後々舞台を噛み砕いて自分なりの解釈や他人の解釈で作品を解剖して楽しみたい人向け!

うん。我ながら良い説明run


あまり書くとネタバレになってしまうし、一口でこんな話でした〜!とは書きづらいですねcoldsweats01


私達は終演後にマックで激論が交わしました…舞台のことだけではないですがねcoldsweats01



曲を椎名林檎さんが担当してるんです!
私椎名林檎さん大好きで、それも楽しみ過ぎたんですけど


もう最高でしたlovelylovelylovely



椎名林檎さんって、女性アーティストによく楽曲を提供してますが、本当に女の人が可愛くみえる。女の人の可愛さを引き出す歌が多いですよねshineshine

サントラCD買ってくれば良かった…bearing


Amazonで、買うか…。


深津絵里さんの声が可愛くて可愛くて可愛くて可愛くて…

曲と相まって、歌うシーンはもう最強bomb









さてさて、4月は6年ぶり?に私も芸劇に立っちゃいますhappy01


〜15周年記念公演〜
演劇企画ユニット 劇団山本屋「1号」『あまもり』作演:山本タク
4/1~5@東京芸術劇場シアターウエスト

【作品紹介】
人は誰の為に服を着ているのでしょうか。
N.Yの三ツ星レストランにGパンで行く事は出来ません。
では私達はレストランの為に服を着てるのでしょうか。

この物語の世界は上と下に別れていました…。




二つの国は文化が違いすぎた。
生きる事を楽しむ上の国と、生きる為に生きる下の国。

ファッションが政治にも影響する程の文化を持つ上の世界。
服を着る文化がなく、ボロ布を着て生活する下の世界。

結婚の制度がある上の世界。
愛があれば契約などいらないという下の世界。

働いて幸せになろうとする上の世界。
今日は何を食べようと悩む事から一日が始まる下の世界。

一人の子供を大切に育てる上の世界。
一人でも生き残ってくれたらと子づくりに励む下の世界。


太陽と水のエネルギーで生活が出来る上の世界。
子供を作る事が労働力を作る事だと信じてやまない下の世界。

相反するその国は干渉し合う事無く幸せに生きていた。

ある日、一枚の服が落ちてくるまでは……

これはそんな上の国の王女と
下の国の小さな町の少年の恋物語。

【チケット発売日のお知らせ!】

*先行発売
2/20㈮12時〜2/24㈫24時 
*一般発売
3/1㈰12時〜

前売4800円/当日5000円(全席指定)
(※予約フォーム等、問合せ先は後日お知らせさせて頂きます)



『僕は眠る事を知らない』でお世話になった山本屋さんに四月も参加いたしまーすdashdash


今回も亜衣と一緒ですが、果たして亜衣と由衣は姉妹役なのか…!?

どんな役かは乞うご期待笑




と、長くなりましたぁ。


私は明日から神戸です!
もう信じられないほど忙しく動き回り、アミノバイタルが無いと生きられない身体になちだてる今日この頃。


3月も稽古で忙しいんだろうなぁ。



忙しいのは…まぁ、良いことですね。きっと。

ただ忙しい中でエッグ観に行くの楽しみにしていたので、私も観に来てくださる方々に楽しみにしてもらえるような作品作りしたいですshine

« ラーメン屋の誓い。 | トップページ | 117KOBEぼうさいマスターアワードfeat.COMIN'KOBE15前編 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

自分なりの解釈を楽しむパターンは好きだ(^ω^)~♪
正解かどうかを人に判断してもらう必要もないしね。ゆっちの舞台もそんな楽しみ方をするつもりです(笑)東京芸術劇場って池袋のだっけ?てことはティーチャーズ以来ってことかな(・ω・)???
当時は背中に羽根が生えてたゆっちっちが6年の時を経てどんな姿で現れるのか…全然違ってたらすみません(*゚艸゚)クックック
それはそれとして、観てるうちにゆっちじゃなくなるゆっちを楽しみにしてますヾ(´∀`*)ゞ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402845/58917423

この記事へのトラックバック一覧です: エッグ:

« ラーメン屋の誓い。 | トップページ | 117KOBEぼうさいマスターアワードfeat.COMIN'KOBE15前編 »